ブログ

ブログ

7月 16, 2021

初診受付停止中です。

これまでも初診の受け入れを断続的に停止して参りましたが、当面の間初診の受付停止を継続させていただきます。

当院では通院患者さんをお待たせしない診療をモットーに、予約時間のきめ細やかな調整で診察待ち時間短縮を実現してきました。しかし、患者さんの増加、遅刻される方の出現などのため、予約時間通りの診察進行が難しくなって参りました。

また、初診の重要性は変わらず認識しており初診の準備から診察、処方やご説明などにかける約1時間の枠は短縮しておりません。

それゆえ、初診の受け入れがキャパオーバーとなっております。

ご期待に添えないことは当院としても不本意ではありますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

院長

 

 

7月 13, 2021

雷恐怖。

最近毎日のように雷鳴を聞いている気がします。

雷を異常に怖がり、日常生活に支障をきたしている人もいます。

雷に対する特定の恐怖症、つまり雷恐怖と言います。

当院にもたまにではありますが問い合わせがあります。

しかし、雷恐怖の治療は学んだことはありません。

今の学生や研修医はどうか知りませんが、私が学んだ時代の精神医学の関心は、統合失調症と内因性うつ病に向いていたと記憶しています。

おそらく今でも雷治療の治療マニュアルは存在しないと思います。

お問い合わせに対しては「雷恐怖の治療経験はありません。他をあたっていただきどこも対応していないようでしたらまたご相談ください。その時は何かお手伝いできるか考えます」と答えていました。

その後連絡が来ることはなかったので、どこかで適切な治療が受けられたのかもしれません。

気候温暖化で雷雨の頻度が高くなったからでしょうか、徐々に当院に通院中の患者さんからも雷恐怖の治療のニーズが出てくるようになりました。治療経験に乏しいことを正直にお伝えした上で、ご希望される方には、試行錯誤しながら治療を行ってきました。

数人しか治療していないので治療成績云々は語れません。

ただ、雷恐怖と言ってもさまざまな要因があることがわかってきました。

とあるケースでは発達障害(ASD)の傾向があって、特に音に対する過敏性がある人は、親和性があるような気がしています。

また、別のケースでは、虐待を受けてきて、父親の怒鳴り声と雷鳴がダブってフラッシュバックするPTSDの症状を呈している方もいました。

細かく見ていけば、色々な要因が見えてくると思います。

薬物療法としては、過敏性を和らげる方向で治療してみました。半分の人は効果を認め、残りの人は効果がかなり限定的か、全く効果がない印象でした。

雷恐怖に対する心理療法としては、雷がいつ生じるか直前まで予測ができないという点で難しくなっています。

EMDRが適応できるのか不勉強でわかりません。

世の中にはVR(ヴァーチャルリアリティ)エクスポージャー法という治療もあるようです。残念ながら当院の財力ではバーチャルリアリティを導入して暴露療法をすることは非現実的です。そのような施設と比べると当院の雷恐怖の治療は時代遅れのものかもしれません。

そういう点からも、雷恐怖の治療を専門で行っているかと問われたら、専門では診ていないと答えるしかないです。

余談ですが、雷恐怖の愛犬の治療に挑戦したことがあります。

犬は嗅覚も聴覚も敏感で、人間でいうところのHSPに近い状態ですので、恐怖症にはなりやすいのではないかと考えています。

まさに、VRエクスポージャーらしきこともやったことがあります。

モニターに雷の映像を、スピーカーからは雷鳴を出力して徐々に慣らせていこうと試みました。

しかしっ!!

犬は完全に無反応。。。

犬は賢いので、本物の雷か録音した雷鳴かすぐに聞き分けてしまったんですね。。。

もしかしたら人間のVRも同じことが生じないのでしょうかね。

どなたか詳しい方がいたら教えてください。

 

結論:当院では雷恐怖を専門に診療しておりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期、急な雷鳴が発生することは日常茶飯事です。

雷を異常に怖がり、日常生活に支障をきたしている人もいます。

雷に対する特定の恐怖症(雷恐怖)と言います。

当院にもたまに問い合わせがあります。

しかし、雷恐怖の治療なんて学んだこともありません。

治療マニュアルもありません(笑)

以前は「治療したことがないのですが、他に当たって他も対応してなければまた相談してください」とお伝えしていました。

その後連絡は来ることはありませんでしたので、どこかで適切な治療が受けられたのかもしれません。

毎年気候温暖化で雷雨が目立つようになったためか、徐々に、通院中の患者さんからも雷恐怖の治療のニーズが出てくるようになりました。

治療経験がないことを正直にお伝えした上でご希望された方には、色々と調べながら、試行錯誤治療をしてきました。

ほんの数人の治療なので、治療成績がどうかもはっきり言えることはありません。

ただ、雷恐怖と言っても色々な要因が考えられるということがわかってきました。

とあるケースでは発達障害(ASD)の傾向があって、特に音に対する過敏性がある人は親和性があるように感じています。

また、虐待を受けてきて、父親の怒鳴り声と雷鳴がダブってフラッシュバックするPTSDの症状を呈している方もおられました。

細かく見ていけば、色々な要因が見えてくると思います。

薬物療法としては過敏性を和らげるような方向で治療してみました。半分の人は効果を認め、もう半分の人は効果は限定的か、全く効いていないような印象を持ちました。

雷恐怖に対する心理療法については、雷がいつ起きるかわからないという点で難しいものとなっています。

世の中にはVRイクスポージャー法という治療もあるようですが、当院の財力ではバーチャルリアリティを導入して暴露療法を行っていくのは非現実的です。そのような施設に比べると、当院の雷恐怖の治療は原始的なものかもしれません。

そういう点からも、雷恐怖の治療を専門で行っているかどうかと聞かれたら、専門では診ていないと答えるしかないです。

余談ですが、雷恐怖の愛犬の治療に挑戦したこともあります。

犬は嗅覚も聴覚も敏感で、基本的に人間で言うところのHSPに近い状態ですので、恐怖症にはなりやすいのではないかと考えています。

まさにVRイクスポージャーらしきこともやりました。

モニターに雷の映像を映し、スピーカーから雷音を鳴らせて徐々に慣らせていこうと試みました。

しかしっ!!

犬は無反応。。。

賢い犬には、それは本物の雷ではないとわかっていたのでした。

そりゃそうだよな。。。

だから、人間で行っているVRイクスポージャーもよほどリアルでないと難しいのではないかな!?と思ってしまいます。

詳しい方が居られたら教えてください。

 

結論:当院は、雷恐怖を専門に診療しておりません。

ご了解いただけますようよろしくお願いいたします。

 

補足:どうしてこんな細かく専門なのか専門でないかのお話をしたのか経緯を書きます。

以前、初診の申し込みのお電話がありました。

雷恐怖の治療をやっているか?という問い合わせでした。

いつも通り、当院は正直に答えました。

院:雷恐怖は数人程度の治療経験で、今のところ改善は五分五分です。専門的にみているというわけではありません。

それでもよろしければ診察させていただきます。ただ、初診予約が立て込んでいますので、大変申し訳ありません、予約は2ヶ月先になってしまいますが、いかがなさいますか?

患:じゃあ予約で。

院:では○月○日が最短ですが、ご希望の曜日などございますか?

患:じゃあ○月○日で。実際受診したら、実は専門外で雷恐怖1回も診た事無いなんてことねえだろうな!?

院:えっ、えええ?? 先ほど正直に申しあげた通りなのですが。

 

ということで、お話が通じておらずおそらく発達障害の方と推察されますが、どうやらご本人は確実に専門的な雷恐怖の治療を受けたいのだろうと理解し、こちらからお断りして、専門のところをご自身でお探しいただくようにお伝えしました。当方でも近隣で雷恐怖を専門的に診ている先生は把握していません。

初診予約を希望する方向けに詳しく説明書をお書きしているのはこういう電話でのトラブルが実際にあるからです。

世の中には実にいろいろな方がいらっしゃいます。

誇大広告は嫌いですし、正直に対応できる能力の限界をお示しした上で治療契約を結ぶのが当院としての誠実な姿勢であると考えています。

患者さんが「大丈夫。うちに来れば100%治るよ。私に任せなさい」という言葉を聞きたいということは痛いほどわかっています。

実際にそのようにおっしゃる先生を見たことがあります。ただ、私はそういう嘘はつきたくないのです。

医師と患者さんの相性は色々。マッチングが良ければいいのではないでしょうか?

選択を間違えないように私は詳細を記しています。

 

 

 

 

 

 

6月 5, 2021

紹介状。

 

今日は久々に丁寧な紹介状を受け取りました。

目の前におられる初診の患者さんがこれまできちんとした診療を受けてきたことがはっきりと確認できました。。

そういう時は気持ちよく治療を引き継ぎたいと思います。

今までたくさんの紹介状を拝見してきました。

紹介状の内容で、それを書いた医師の実力、患者や治療への姿勢が手にとるようにわかります。

その医師の性格や年代も推定できます。

裏を返せば、見る人が見れば私の紹介状で私の能力も見抜かれてしまいます(笑)。

とにかく精一杯書くだけです。

私は、勉強になる紹介状をいただいた先生にはその旨の感謝状をお送りしています。

逆に、本当にひどい紹介状だと感じた時は、その患者さんもひどい扱いを受けてきたことが診察を通して確認できるのです。

もっとも悲しかった紹介状はTVに頻繁に出演する女性心療内科医からのものでした。

20年も通っている患者さんがこれまで積み重ねてきたものを、一行(実際は一言)で片付けられていたのです。採血データ一枚添付してあるのみで。

聞けば、栄養療法を売りにしているその女性医師には、数万円もするサプリを売りつけられ、経済的に買えなくなった途端ほとんど無視されるようになったといいます。

他にもTVなどへの露出が目立つ医師数人からの紹介状を受け取ったことがありますが、どれも1行の内容のないものでした。

まともな診療をしていないので、患者のことをほとんど知らないのだと思います。知らない人の紹介文が書けるわけがないのです。処方内容もひどいものでした。また、依存性の高い薬でリピート受診させていると瞬時に分かりました。

一方で、医療のみならず、福祉の使命感なのか到底真似できないような親身な支援を行っている医療機関も知っています。

医療機関色々です。

コロナ禍で、人によって考え方が大きく異なるということが改めて明らかになったと思います。

まあ、他人は他人、自分は自分。

私は紹介状は真面目に書いているのですが、ちょっとやり過ぎているのかもしれない。

そうだ、ジェラートを食べよう

*極めて特殊な例ですが、受診して1〜2回の方の紹介状は作成できない場合があります。

ご紹介できるほどの情報共有や関係性ができていないからです。

 

 

6月 3, 2021

上尾の北海道。

1年半ぶりの投稿です。

上尾の北海道“えのぼく”です。

コロナ禍で常に緊張して働いてくれているスタッフを労うため、

牧場のジェラートを買いに来ました。

私がコロナに感染して患者さんに迷惑をかけるわけにはいかないので、

職場と自宅と近所の公園以外にはほとんど出かけない生活を続けてきましたが

ワクチンも打って一歩前進した気がします。

とても気持ちが良い場所で気分転換ができました。

 

 

4月 27, 2021

臨時休診のお知らせ

2021年 8月9日月曜(祝)〜8月14日土曜は臨時休診となります(定休日を含む)。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

8月 8, 2020

新型コロナウィルス対策

当院は医師会安心マーク取得医療機関です。

IMG_5545

 

感染拡大防止のために、「三つの密」を避けるように勧告されています。

「換気の悪い密閉空間」

「多数が集まる密集場所」

「間近で会話をする密接場面」です。

 

〇当院では、従来より完全予約制により待ち時間を最低限に抑え、待合室での密集が生じないようにしております。予約以外のご来院はご遠慮ください。

〇現在診察室のドアは密閉を防ぎ、換気をするため開放したままにしております。廊下や待合室に音楽をかけて診察内容が聞こえないよう配慮しております。

〇診察室での医師との距離が密接にならないよう以前より距離を保つようレイアウトが変わりました。

〇受付や診察室には飛沫防止の透明アクリル板を設置しました。

〇スタッフや医師はマスクを着用して対応させていただいてます。検温も行っております。職員に体調不良の者が出たらすぐに自宅待機とし、症状により適切な対応を行います。

◯ご来院の方はマスクを着用してください。お持ちでない場合は簡易マスクをご利用いただけます。

◯アルコールによる手指消毒にご協力ください。アレルギーのある方は手洗いをお願いします。

◯御用件がお済みの方はすみやかに退出してください。

〇待合室の座席も距離を保つよう配置していますのでソーシャルディスタンスを保つようご協力ください。

〇診察室や待合室には除菌空気清浄機を多数配置しています。パナソニックのジアイーノによる次亜塩素酸空間殺菌(待合室、診察室各1台)や、ダイキンのストリーマ(待合室、診察室各一台)、パナソニックのナノイー空気清浄機(すべての個室)をフルに作動させています。換気を行い空気を澱ませないように注意します。

〇椅子やドアノブ、カウンター、押しボタンなどを中心に酸性エタノールなどで清拭し、ノロウィルスなども含めた幅広いウィルスを消毒できるよう努力しています。

しかし、感染を100%食い止めることはできません。

再診の方のお電話での対応も検討いたします

〇電話で体調をお伺いすることも検討いたします。

〇当院通院中の方でも咳や発熱、倦怠感などがある方はクリニック内にお入りになることをお断りいたします。待合室で咳をされている方はいったんビルの外に退出していただくよう声かけさせていただきます。発熱や咳などの症状がある方は直接受診なさらずに、お電話でご連絡ください。柔軟な対応を検討させていただきます。

〇初診の方で熱や咳、倦怠感などがある方は、初診診察を症状消退後3週間以上延期させていただきます。

〇海外からの帰国者など隔離期間中にある方の受診はできません。PCRで異常なしと判断されて、無症状期間が2週間たつまでは直接の受診はできません。

お電話での対応は可能です。

〇当院では遠方から電車を乗り継いで来院されている方も少なくありません。長距離の電車もリスクですので、リスクのある方はご来院せず、電話でご相談ください。対応を柔軟に検討します。

〇クリニックでクラスターを出さないように、時に厳しい対応をとらせていただきます。ご協力お願いいたします。

〇薬局でのクラスター阻止のため、処方箋を出したらそのまま一旦お帰りになり翌日にお薬をとりにくるか、食品などの必需品の買い物に出て数時間後にもどるもよし、車の中で過ごしてから薬を受け取りにいらっしゃるのもよい選択です。混み合った待合室で待つのは避けましょう!待てない場合は送料着払いで配送してもらいましょう。

◯エレベーター内も密にならないよう、ご協力ください。

12月 22, 2019

日曜、曇り→雨。

先日畠山上尾市長にお会いしたとき、丸山公園のかいぼり(水抜き)をやるので来れる方は手伝ってくださいとおっしゃっていました。どうやら今日やっているみたいですね。

私は書類の山と戦っています。年内にある程度処理したいですね。

38475516-03C6-46A4-8743-E62B4F635023

 

夜まで集中してやりましたが、まだまだ先が見えません。でもずっとパソコンに向かっていたので、肋骨が痛くなってきたのと、耳鳴りがしてきたので、今日はもう限界で、終了。外は真っ暗な夜に雨が降り注いでいます。

今日は冬至。

いただいたゆずを風呂に入れて温まります。

 

12月 20, 2019

全力疾走。

今日は昼間クリニックを抜け出し看護学校の終業式でスピーチしてきました。昼食の時間もなく急いで移動するのは安全上できれば避けたいですが、夜に終業式やるわけにもいかないので仕方ありません。

何か学生さん達に少しでも役に立つお話が出来ないかいつも気にかけているのですが、今回は体調不良と忙しさで閃きはありませんでした。考え抜いた結果、以前もお伝えしたことのあるマインドフルネスのお話をしました。復習するのもよいのではないでしょうか?

さて、今日は当院を卒業された方からお手紙をいただきました。幸せにお過ごしの様子でこちらも嬉しくなりました。有難いお知らせ、励みになります。

 

 

12月 14, 2019

忘年会。

今年もやってきた医師会忘年会。

体調はどん底でしたが、幹事なので行かないわけにはゆきません。

めまいがしたり、意識が飛びそうになりながらふらふらと診療を終え、15分間だけ仮眠をとっていざ出陣。

国会議員、上尾市長をはじめとした上尾市の幹部の方々などを東武バンケットホールにお招きし盛大に行われました。去年は私一人で司会を頑張りましたが、私は司会が苦手なので今年は私の要望でプロの方を呼ばせてもらいました。

冒頭の部分だけ私が司会をし、「歌のおねえさん」など幅広いご活躍の愛甲ミカさんにバトンタッチしました。歌って踊れる司会者で忘年会は一気に華やかになり、大正解♪

予定にはなかったのですが、私の無茶ぶりで、「パプリカ」を歌って踊ってくださいました。歌が上手いのは当たり前のように、そしてキレッキレのダンスでした。(まだ了解を得てないので写真は未掲載)

来年もお願いしたいと思います。

「アトラクション」として今年はパフォーマーTERUのクリスマスマジックショーを行っていただきました。

文章にする表現能力が私にはありませんが、とにかくすごかったです。

成功裏に終えることができてほっとしています。

 

このまま医師会報の原稿を書かねば締め切りに間に合いません。

ああ、休みたい。

 

12月 11, 2019

とうとう。

9007529A-4EB4-4BFA-933F-B59191121D69

やってしまいました。

昨日、異常な倦怠感で身の置き所がなく早朝覚醒。

疲れが溜まっているのかなと思ったら、体が熱い。

体温を測ると38度。

インフルエンザの検査キットを取り出し、自分で綿棒を鼻の奥に突っ込んで検査したところインフルは陰性のよう。

漢方の麻黄湯を飲んで一日乗り切りました。

理事会はキャンセル。ときに欠席裁判が行われることがあるので、恐ろしい(笑)ゆえに、出席率は高いです。

今日の予定もキャンセルして、今週と来週のスピーチに備えなければなりません。