ブログ
11月 7, 2018

ほんとに難しいカウンセラー選び。

ときどき、カウンセラーにかかっていたが、どんどん具合が悪くなるので心配になって精神科を受診にきた、という方が見えます。

なるほど、診断名も曖昧で、かと言って深いところまで分析しているわけでもない。

それなのに、薬は飲んではいけない、逃げないで!と曝露療法を指導。とても真面目なクライアントは根性でつらい症状を克服しようとしてどんどん追い込まれている。トラウマを上塗りしてしまっている。

カウンセリングにも副作用があります。

カウンセラーには処方権がない。中には薬を否定することで自分たちの存在感を大きくしようというカウンセラーもいます。

ひどい場合は不適切なカウンセリングで精神錯乱にまで追い込まれることがあります。

とても難しいカウンセラー選び。

トラウマ治療、分析的考え、薬物療法に対する理解などができることなど、カウンセラーに必要な資質がいくつかあります。

 

当院では、最初から薬は絶対飲みたくない!とにかく話をじっくりきいてほしい!というスタンスの方は、いらしていただいても治療にならないので、他の機関に相談するよう振り分けていますが、カウンセリングにはカウンセリングの副作用があるので、それをきちんと説明できるカウンセラーを選んでハッピーなその後を送っていただきたいと願っています。夢のような魔法なんてないんです。我々精神科医は、あなたの良くなりたい!という想いをサポートする医療的手段を提供します。それ以外の手段をご希望の場合はお役にたてません。