ブログ
1月 21, 2023

心の中で。

今日はひどく疲れた。

身体科に身を置いていた頃は、患者さんはあっけなく死んでしまうもので人の命の儚さを嫌というほど思い知った。

いちいちダメージを受けていたら仕事を続けられない。

それゆえ人の死に慣れてしまっていた。

精神科医として経験を積み重ねていくにつれ、なぜか人の死がとても堪えるようになった。

患者さんの人生の物語を知っているだけに、まるで友人や家族を失うような痛みを感じる。

 

今日はある男性の受診の予約が入っていた。

愛嬌のあるおじさんだった。

他院で何年か通ったものの良くならないということで当院で治療を引き継ぐことになった。

かなり苦戦したが、なんとか治療もまとまり体調は安定して維持療法を行っており、1ヶ月毎に通院していた。

 

上尾にニャンニャンという有名なラーメン屋さんがあって、立ち寄った時に隣の席でラーメンをすすっていた。

幸せそうな表情が印象的だった。

私は外では患者さんに声をかけない。

診察室の外では医師患者関係で窮屈な思いをさせたくない。

そっと背中を向けて私もラーメンをすすった。

 

仕事帰りに受診するため遅い時間帯の受診。

私も疲れている時に、なんかホッとする人だった。

 

今朝その男性の妹さんという方から電話があった。

交通事故に巻き込まれて亡くなりました、

兄がとてもお世話になってありがとうございました。

 

悲しくて辛い時に電話をくださってありがとう。

私も帰ったら泣きます。

 

電話を切りたくないと思った。

彼の話を色々したい、そう思った。

 

気持ちを押し殺して

診察を再開した。

 

多分今日受診した患者さんには私の悲しみに気づかれず診察できたと思う。

しんどい1日だった。

 

どうか安らかにお眠りください。

 

 

 

 

 

 

Category : ブログ