ブログ

信頼関係

2月 28, 2019

春の雨、公務のはしご。

なんとなく春を感じる雨ですね。

 

2363D5D4-F9B9-4232-AF05-2DCC5F503B85

今日は朝から公務のはしごです。写真は雨の中の県立総合リハビリセンターです。

合間に、とある独立行政法人と連絡。

公務の1つでは、埼玉県中央児童相談所の職員がとても頑張って働いていらっしゃいました。

虐待通報の件数も増え、対応に追われお疲れ様です。

他県の話ではありますが、最近も小学4年生の女児の虐待死の件が話題になっていますね。

私の経験上では、DV、虐待の加害者を治すことはほぼできません。

ひどいDVからは離れる以外に根本解決はないと思っています。

本人が困って自分自身を変えたいと心から思っていない人を治療することはできないです。

当院では治療のモチベーションがどの程度あるのか、初診の申し込みの電話で詳しく確認します。

お電話の段階でお断りする場合があって、その中に上記のような ケースがあります。

何でも診れますなんて、嘘の誇大広告はいたしません。出来ないことを出来ないというもの信頼関係のひとつです。

 

 

 

 

11月 13, 2015

いつもきれいにありがとう

こんばんは。

 

IMG_1533 IMG_1532

IMG_1534

今週は業者によるワックスがけ&清掃。

つやっつやのプルンぷるんです。本当に気分が良いです。

 

ヒールでついた傷も何とか修復してもらいます。

クリニックの顔である化粧室も丁寧に清掃してもらいました。

いつも皆様きれいに使っていただきありがとうございます。

DSC00060

お化粧室は心理学的には大変重要な意味を持ちます。

排泄は精神分析で重要な意味をもつ”攻撃性”と関連するのです。

赤ン坊にたいしてトイレットトレーニングのしつけをしすぎると、

過度に強迫的でケチな人に育ちます。

子供の便秘は、感情の過度な抑圧を示唆します。etc

 

当院では皆様が気持ちよくお化粧室をお使いいただけるよう頻回に点検を行っております。

使用後の散乱状態によっては、特定の診断名をあてることさえもできます。

 

ほとんどの方は、私のクリニックを大切にしてくれ、備品を大切に扱ってくれ、

すなわち、それは私を大切にしてくれているのだなと

感じています。

私も患者さんを大切に思い、大切に扱っていこうと常に思っています。

まずはそれが信頼関係の基本だと思います。

 

しかし、中には過失というより悪意を持って汚す方もおられます。

たいがい、そのような方は他人もご自身も大切にできない方が多いように見えます。

クリニックを大切にしてくれない方は、私も大切に思う気持ちが難しくなることがあります。

さかのぼれば、対人関係の基本である母子関係ですでに信頼関係ができなかったのかもしれません。

でも、大丈夫。他人との信頼関係の第一歩を踏み出しませんか?

まずは化粧室をきれいに使ってみませんか?

次に使う人も笑顔で、

きれいにしたあなたも笑顔で、

私も笑顔です。

 

では。