ブログ
2月 7, 2017

「十年介護」

20170207kouennkai

こんばんは。上尾メンタルクリニック院長です。

今夜は医師会と基幹病院の共催で、

フリーアナウンサーの町亞聖さんの特別講演

「十年介護」~車いすの母と過ごした奇跡の時間~

を聴講してきました。

町さんは埼玉県蕨市のご出身だそうで、大変親近感がわきますね。

大変なご苦労をされてきたにもかかわらず、

町さんの言葉には明るさと希望がありました。

人間愛に満ち溢れた立派な方でした。

ちょっとした優しさの大切さや、なんでもないような普通のことがいかに幸せであるかを

再認識することができました。

介護でお悩みの方にはぜひ聴講していただきたい講演でした。

IMG_1830

 

町さんとの折角の写真、私は疲労感たっぷりでゆがんだ顔をしています。

ああ、もったいない。

実際の町さんはテレビの中の町さんよりさらに素敵な方でした。

内面の美しさが外にあふれていました。

「亞聖」は孟子の名前だそうです。

とても貴い。

 

 

 

IMG_2318

町さんはうつ病にかかられたお父様に、

もっと何かしてあげられたのではないかと

すこし悔やんでおられるようでした。

おそらくサバイバーズギルトという

愛着対象の喪失体験に伴う心理的影響だと思います。

全力で生きてこられた町さんは

その時にできることを精一杯やってこられたと私は確信しています。

 

町さんはうつ病の啓発動画のナレーションを担当されています。

今回、うつ病の方に向けた絵本に町さんのお言葉と直筆サインをいただきました。

含蓄があり、そして何より励みになる言葉を頂戴しました。

(ちなみに吹き出しの左のメッセージは私からの言葉です。

文字がやたらときれいなのはクリニックのスタッフに清書してもらったからです。)

待合室の本棚に設置しておきますので、うつ病でお悩みの方、

うつ病の患者さんのご家族の方、ぜひ手に取ってご覧になってください。

希望の光はありますよ!